FC2ブログ
 

家族でアメリカ留学!!

夫のフロリダ留学に、幼児2人つれてついて行ってみた!渡米準備〜現地生活のあれこれ

Third Plugin On/Off
 
 
最新記事
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
最新コメント
 
 
 
最新トラックバック
 

 
 
月別アーカイブ
 
 
 
フリーエリア
 
 
 
2014年06月04日

海外引越しの手順

 

長らく更新できなかったけど、実はもうマイアミに引越した😉
やっぱり、海外引越しは何かと忙しく、ブログどころではなかったよ〜っと言い訳

引越しが終わっているので、引越しの流れを書いていきます。

まずは、海外引越し業者の見積もり予約
安ければ、小さいところでもやっているみたいだけど、我が家は「ヤマト運輸」か「日通」の選択肢二つ。
とりあえず、電話してみたところ、ヤマトは海外引越しを担当している部署があるのが大都市しかなく、我が家は遠方で見積もりにいけないとのこと。ネット上で、自分で見積もりして下さいって〜
日通は、見積もりに来てくれるとのことで、日時を決めた。

後日、見積もりに来てもらったところ、海外船便だと、一番小規模のパックで十分らしく、5万
海外単身パックというもので、横52×奥52×高さ40のダンボール4つだ。
(ちなみに中身は、炊飯器、パン焼き機、布団乾燥機、家族四人分の夏物衣類、キッチン小物、子供のお気に入りの絵本・おもちゃ、その他こまごましたもの)

思っていたよりかなり安く済んでビックリまあ、送るものが少ないから、その分現地で揃えるわけだけど。
家具とか送ったら、すご〜い金額になるんだろうな〜

日通の方がコストも明解にわかったし、対応がよかったので、日通に決定
引越しの2週間前に荷物は送ることにして、そのさらに2週間ほど前にダンボールを自宅に持ってきてもらうことにした。
ダンボールの他に、ガムテープ大きのが二つ、プチプチも大量に貰えて、とても助かった。
このガムテープが良いもので、紙製だけど、マジックで字がかけるし、テープ同士が重なってもくっつく
紙製はテープ同士が重なるとくっつかないのでキライだったけど、日通のは良かった!

ダンボールが届いたら、荷造り〜
ここで、色々注意が必要だった
まずは、入れてはいけないものがある。殺虫剤類、食品など。
食品はもちろん送ろうと思っていたのでビックリしたけど、あとで親に郵便局から送ってもらえばいいので、あきらめた。
その他は、未開封の同じ商品がたくさんあると、売り物と思われて、税金を取られることがあるらしい。
アメリカでは売っていないからと、買いだめして送るものがあるなら、開封したり、タグを切ったりして、売り物に見えないようにしておいた方がいいみたい。

送ろうと思っているものをリストアップして、見積もりの時に相談したところ、調べて後日電話で教えてくれて、とてもありがたかった。

そして、何と言ってもめんどくさいのが、中身をダンボール一つずつ、品目ごとにすべて書かないといけないことだった
専用の書類があって、検疫が中身のチェックをするために必要らしい。

品目ごとと言っても大まかすぎると良くなく、結構詳しく書かなきゃいけない〜

まずは、送るものをダンボールに入るように選んでから、書類に記入していく。
先に書いてしまうと、入り切らなかった時にややこしいから〜

書類の書き方がわからない時は、日通海外便の担当部署に電話したら教えてくれた。
ちなみに、書類の記入をしてくれるサービスもあるらしい(有料)が、なんとか旦那ちゃんが書いて無事に終了した。

荷造りは、炊飯器などはもちろんプチプチで丁寧に梱包。
衣類はダイソーの不織布でできた衣類入れに詰め、透明のゴミ袋に布団の湿気対策シート(シリカゲルではない)と一緒に入れて封をし、ダンボールに入れた。

その他の物も、一応、ジップロックやビニール袋に入れて、防水した。
船便だと、湿気がすごいと誰かに聞いたから!

日通の人に聞いたら、ダンボールを台車に乗せて、台車ごとビニールで覆うから大丈夫だと思いますと言っていたけど、、、念のため

ちなみに、ダンボールは一つ30キロ以下でなければいけないので注意!
重くなりそうな物は、分散させたり、軽いものと組み合わせたりした方がいいでしょう


というわけで、荷物を送り出し、自分たちも現地に引越し完了
船便は1ヶ月くらいで届くと思っていたら、なんと2ヶ月もかかった
たぶん、西海岸だと1ヶ月くらいで届くのかも?
私たちは、東海岸側なので、日本からはほぼ地球の裏側、、、
アメリカの広さを考えてなかったな〜

荷物は無事にダンボール4つ受け取ることができました
でも、中身は破損しているものがあった
20141118003616260.jpg
20141118003611e78.jpg


お気に入りの掛け時計と炊飯器

プチプチで丁寧に梱包したつもりだったけど、残念な結果になっちゃった

炊飯器は使えないこともないけど、炊飯中に蒸気がもれてくるので、買い換えました

破損しそうなものは、入念に梱包して、他の荷物との兼ね合いも十分に考えて荷造りしないと、いけないらしい

もちろん絶対に破損したくないものは、手荷物で持っていく、もしくは、日本に置いていくしかないな〜









スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 











管理者宛の投稿

 
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

きら子

Author:きら子
3歳と1歳の男の子のママです。
英語話せない、海外経験ほぼなし😁でも、為せば成る!!家族にとっても、自分にとっても、実りある経験になるように奮闘します😄

 
 
検索フォーム
 

 
 
リンク
 
 
 
相互リンクで助け合い!
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
QRコード
 

QR